CSG工法関連試験

CSG(Cemented Sand and Gravel)などの砂防ソイルセメントとは、建設現場周辺で手近に得られる材料を分級、 粒度調整、洗浄を行うことなくセメントと水を添加し、簡易な施設を用いて製造した材料です。

CSG工法とはこのCSG材をブルドーザで撒き出し、振動ローラで転圧 することによって構造物を造成する工法を指します。

弊社では砂防ソイルセメントの直径150mm~300mmの供試体作成から圧縮強度試験を実施しています。

試験項目

試験名 規格 最短
試験日数
試料必要量 備考
砂防ソイルセメントの供試体作成 CSG等 35 300~500kg 3供試体
砂防ソイルセメントの圧縮強度試験 JIS等

試験詳細

CSG工法

直径300mmの供試体の圧縮試験状況

© 2019 建設技術センター | 宮城県仙台市 All Rights Reserved.